施術でゆるみを解消│女性器を治す世紀の発見

Feeling surprise

トレーニング

Feeling comfortable

膣内のゆるみを解消する方法として、骨盤底筋体操が挙げられます。
骨盤底筋群に圧力がかかることで、膣内にゆるみが生じるといわれており、この筋肉をトレーニングすれば改善が目指せます。
方法は至って簡単であり、道具などを用意する必要なく実践できます。

まずは、仰向けに寝て、腹筋をするときのように膝を軽く立てます。
次に、肛門と膣をすぼめるイメージで10秒感、力をいれます。このとき、他の部位に力をいれないように気をつける必要があります。
10秒が経過したら、力を抜きリラックスしましょう。
最後に50秒経過したら、再度力を入れます。
これを10度程繰り返すだけです。

この体操は就寝時にも簡単に行えるので、試す価値は十分にあります。ただし、継続して行わなければなりません。
というのも、筋肉を鍛えるためには時間が必要だからです。
毎日の習慣として取り入れ、膣のゆるみを解消しましょう。

仮に、それでも膣内のゆるみが改善されない場合は、美容外科や形成外科などの施術を行うのが適切とされています。
尿漏れやセックスでの満足感が得られないという症状を引き起こす膣内のゆるみは、早めに解消することが大事なのです。
いざというときには、専門医の力を借りることも視野に入れましょう。